盗聴調査をおすすめできる業者!費用相場とサービスを確認しよう

盗聴調査を行う専門業者とは?

盗聴器の有無を調査し、その発見や対策を専門に行う業者で、あらゆる盗聴器に精通するプロです。
複数の盗聴器発見機材を用いて、一般の業者では見つけにくい特殊な装置も探し出すことができます。

自宅の安全性を確保する盗聴調査のサービス内容と費用

虫メガネを覗く女性

盗聴器除去に必要な資格

日本において、盗聴器の有無を確認するだけならば資格は要りませんが、詳しい調査や除去に関しては資格が必要となります。
第二種電気工事士は、電気工事の作業に欠かせない資格で、室内の電気配線や設備に取り付けられた盗聴器を探し出し、取り外すために欠かすことができません。
アナログ第三種工事担任者は、電話に設置された盗聴器を取り除くために必要な資格です。電話保安器はこの資格がないと触れることができず、電話機までの外線や本体の内部に仕掛けられた盗聴器を除去できないためです。

盗聴調査の費用相場

盗聴調査にかかる費用は、建物の広さによって変動しますが、30平方メートル当たり30,000円~40,000円が相場となっています。一戸建てか集合住宅かで料金が異なることもあり、その場合は一戸建ての方が割高な傾向にあります。車両に関しては、20,000円前後の費用が必要です。
内訳としては、調査にかかる基本料金や出張にかかる交通費、盗聴器の撤去費用などがありますが、業者によっては後の2つは無料なところもあります。

gpsの機能について

gpsは、複数の人工衛星から発信される電波を受信器で受け取り、受信者の位置を特定するシステムです。常に4基のgps衛星から信号を受信することで、刻々と変わる受信者の位置を正確に知ることができます。

こんな時に便利!gpsが役立つシーンTOP5

no.1

1.道案内

地図と組み合わせて、目的地と自分の現在位置を表示し、最短ルートを効率的に割り出すことができます。スマホの地図アプリやカーナビに組み込まれて活用されています。

no.2

2.船舶や航空機の運航状況の把握

正確な位置を割り出し、最短の航路を辿ることで、運航時間の短縮や燃費の向上が見込めます。特に船舶においては、遭難や衝突、座礁の回避のため重要な役割を担っています。

no.3

3.重機の無人運用

位置情報と稼働状況を一元的に管理することが可能になり、自動制御によって測量が不要になる他、作業精度の向上に加え、盗難防止や現場の管理にも活用されています。

no.4

4.スポーツ分野

サイクルスポーツやランニング、トレッキングなどにおいて、ルートの設定や走行状況の追跡ができる他、移動距離やペースの計算にも活用できます。

no.5

5.離れた家族の位置確認

レンタルで入手できるgps発信機などを利用して、自分の目が届かない時でも子供や要介護者などの位置情報を確認できます。浮気が疑われる際には、その行動を把握することも可能です。

盗聴器調査の依頼から完了までの流れ

1.電話やメールで相談

相談するだけならば基本的に無料です。この時に、名前、調査場所の住所や広さ、電話番号やメールアドレスなどを伝える必要があります。

2.見積もりの検討

現場に赴いての事前調査や面談を行うことで、必要な調査や費用、追加料金の有無などを見積もります。その日のうちに合意する必要はなく、他の業者との比較検討も可能です。

3.契約と調査日の確定

調査の内容や料金に納得できれば契約となるので、調査を希望する日時を指定します。この際に、契約内容に満足できなければ、事前にキャンセルも可能です。

4.実際に調査を受ける

スタッフが調査場所に向かい、専門の機器などを使って盗聴器の有無など詳しい調査を行います。資格があれば、実際に盗聴器が発見されれば撤去も行います。

5.結果報告と代金の支払い

作業完了後に結果を教えてもらい、見積りの金額を支払えば盗聴調査は完了となります。業者によっては、発見後のサポートも充実しています。

[PR]高性能はgps発信機を貸し出し
ネット申し込みが可能☆

[PR]盗聴調査業者を手軽に探そう
専任スタッフが会社選びを徹底サポート☆

[PR]高機能なgpsがレンタルできる
利用プランを要チェック!